atcopyの日記

atcopyの日記

2000年のフランスのグラベル大会でのローブの傑出したパフォーマンスは、最終的にシトロエンチームの注目と関心を集めました。

2000年のフランスのグラベル大会でのローブの傑出したパフォーマンスは、最終的にシトロエンチームの注目と関心を集めました。 2001年、シトロエンサトゥルニの長は公式にオリーブの枝をローブに拡大しました。同年、ローブは正式に加入し、初年度に1600ccスーパーグループチャンピオンシップを獲得しました。この記録は一度に千の波を引き起こし、ローブはそれで有名になりました。 2003年、ローブはWRCシーズンの初年度を制して準優勝となり、シトロエンチームをその年のWRCメーカーのチャンピオンシップに導いたため、自動車業界は衝撃を受けました。

 

第7回世界ラリーチャンピオンドライバーは、2010年にスイスモデストウォッチとの協力に成功し、同じ年にバスティアンローブにちなんで命名され、2011年のラリーカー風味のクロノグラフウォッチを設計しました。後者は、自動巻きムーブメントValjoux 7750とペアになっており、黒ベゼルの7つ星ローブ限定記念時計は7回目の勝利を表しています。黒いPVD処理されたねじ込み式の底部カバーと黒いゴム製ストラップ付きの王冠を備えた直径44 mmのスチールケース。台形の窓のデザインは視覚効果を高め、時計の背面には限定数とセバスチャンローブのサインが刻まれており、静かな「Drive me crazy」と笑顔を見ることができます。毎時マークは、Superluminova®蛍光コーティングでも使用できます。これは、暗闇で使用する場合、777個に制限されています。

 

世界ラリー選手権に注目したこのシリーズは、世界ラリー選手権との長期的な同盟関係を完全に実証しています。タトゥーのブランドアンバサダーとして、セバスチャンローブは世界ラリー選手権で7回優勝し、伝説として認められています。このパターン用に設計された2つの時計には、スピードと高性能の組み合わせを反映したローブのサインが刻まれています。

少し前に、私は新しいカルティエ時計を買いました、そして、結果は結果でした。

サントスはカルティエの最も有名な時計の一つです。昨年、カルティエは新世代のサントスを発売しました。デザインを最適化し、顔の価値を高めることに加えて、カルティエの最新の特許技術も使用されています。その当時、私はこの時計に非常に興味がありました、私は私が経験を始めることができると思います。少し前に、私は新しいカルティエ時計を買いました、そして、結果は結果でした。

       時計のデザインにおいて、カルティエが2番目にランク付けされている場合、誰も最初にランク付けすることはできません。カルティエサントスは1904年に誕生し、100年以上前に誕生しましたが、現在でも市場で最も注目されている時計の1つです。カルティエのメインモデル、青い風船、サントス、タンク、新しいキーシリーズを含む、すべての時計で人気のモデルであり、私はそれが非常に強力であると思います、これらの時計は、サイズを増やす男性の腕時計、サイズを減らすそれは女性の腕時計であり、それは最高のバランスポイントを達成するように設計されています。デザインの面では、ロレックスDJ、オメガコンステレーション、そしてジャガールクルトのような古典的なデザインだけがカルティエと競争することができます。市場に関しては、カルティエは世界的にディスカウントを管理しており、カルティエの時計はプライマリー市場とセカンダリー市場の両方で確固たる市場を築くことができます。 。この時点で、カルティエにはたくさんのブランドがあります。

       過去に、私はいくつかの時計は時計の外観から来ていると言った、そしてその動きは表に記載されており、そして最後にストラップ、そしてさらにはストラップが記載されていません。

       多くのプレーヤーは腕時計の技術、特にムーブメント技術を心配しています。しかし、時計の重要なテクノロジーは、動きを見ているだけではなく、エンジンやギアボックスに加えて、他の多くの場所を見なければならないということを言わなければなりません。ベルトやテープは長い間着用すると磨耗するので、ストラップを生のイヤーバッチと交換してください;スチールチェーンとゴールドチェーン、それらを買い戻してください。長さを調整するには、ドライバを使用し、常に工具を使用してください。場合によっては、ストラップやブレスレットを取り外すときに、ねじの頭やラグをひねって跡を残すのは簡単です。

       多くのブランドがこの問題を発見した後、彼らはストラップクイックリリース装置を導入し始めました。道具なしでラグから直接ストラップまたはブレスレットを取り外すために、スプリングピンまたはボタンがストラップに追加されています。例えば、Vacheron Constantinはスチールチェーン、ベルト、テープを自由に切り替えることができるようになりました。パテックフィリップ時計ベルト交換の問題は解決されましたが、スチールチェーンとゴールドチェーンカットオフチェーンにはまだ道具が必要です。そしてカルティエの新しいSantosは、カットオフチェーンの問題を解決するために特許取得済みの技術を使用しました。

       カルティエの新しいSantosブレスレット(スチールチェーンまたはゴールドチェーン)は、チェーンの内側の端に隠しボタンがあります。ボタンを押すとすぐに、リンクの横にある金属製のシャフトが飛び出します。あなたがそれを押すとすぐに、電話のシムカードと同様に、シムカードがポップアップ表示されます。飛び出している金属製のシャフトを引き出すと、リンクが切り離されます。その後も、正しい長さにカットできます。リンクを追加したい場合は、チェーンリンクと時計チェーンを上に置き、金属シャフトを挿入し、それを指で押すだけで自動的に動かなくなり、ブレスレットが伸びます。したがって、カルティエの新しいSantosは工具なしでブレスレットを切ることができ、これは非常に便利です。これはカルティエの特許で、現在腕時計ではユニークです。同時に、他のブランドも同様の機能を開始し普及させることができれば幸いです。

最近、スイスの時計ブランドMidoは、アップグレードされたムーブメントで目立つ外観を持ち

最近、スイスの時計ブランドMidoは、アップグレードされたムーブメントで目立つ外観を持ち、若くてファッショナブルなデザインでトレンディーなスタイルを見せる、新しいMultifort Chronometer helmsmanシリーズObservatory認定の全自動全機械式機械式時計を発売しました。 Si

    この新しい時計は、シドニーハーバーブリッジの丈夫な外観デザインにインスパイアされた、Medoのヘルムスマンシリーズから生まれたもので、強くて忠実で、男性ならではの魅力に溢れています。より軽い要素の設計は男性が彼らの手首により多くの柔軟性を身につけることを可能にする。

   ステンレス製のケースは頑丈で丈夫で、時計の耐久性を高めるために、外装ケースにはマーセル加工のサンディングと黒のPVDコーティングが施されており、ハイテク加工の後、時計アセンブリの表面に強く不純物のない表面を形成できます。コーティングは、長期的な耐食性を確保し、外部からの損傷によるケースの損傷を軽減するように設計されており、ケースの直径は42 mm、厚さは11.79 mmです。

    スパイラルクラウンもPVDブラックプレートのステンレススチールで作られていますボディは滑り止めの質感で装飾されていて、着用者が正確に時間をチェックするのに便利ですトップにはブランドのブランドロゴが刻まれ、細部はブランドの誠実な態度を表しています。

    丸いダイヤルは黒くて静かなトーンを持っていますが、全体的に黒のデザインをしています、しかし、ダイヤルは異なった光の下で異なった視覚的明るさを表示することができます。場所には日付と日付の表示窓があり、白黒の表示窓にはサテン仕上げのタイムスケールとポインターがあり、12ポイントの位置にはMeiduブランドのロゴが付いています。サファイアクリスタルは、頑丈で両面のアンチグレア処理に耐性があり、さまざまな条件で明瞭で簡単な読み取りを保証します。

    ベージュの布ストラップと組み合わせると、カラーパレットは鮮やかで軽量な外観のための側面に黒のステッチで、非常に新鮮です。

    デザインの裏側にムーブメントのムーブメントがはっきりと表れており、内部にはシリコン製のスプリングとELINFLEXスプリングを備えた独自のCalibre 80自動機械式ムーブメントが装備されており、長期にわたる精度と反磁性が向上しています。性能および耐震性能、ならびに80時間の電力予備力、およびCOSC天文台による認定。

20世紀初頭には、ブラックダイヤルと巨大なタイムスケールを備えた軍用懐中時計が一般的でした。

20世紀初頭には、ブラックダイヤルと巨大なタイムスケールを備えた軍用懐中時計が一般的でした。これは、タイムスケールやポインタのコーティングに一般的に使用されており、ラジウムと硫化亜鉛の混合物でできており、時計の中で最も初期の発光材料です。

 

ラジウム放射能1920年代という早い時期に有害であることが証明されていますが、それでもかなり長い間発光材料には最良の選択でした。

ラジウム

初期の潜水艦、その発光材料も例外ではありません。潜水艦Ref.6204の第一世代、その発光材料はまだらになっています、ハニカムも「何年もの痕跡でいっぱいの顔」という侵食を受けました。

 

トリチウム

ラジウム発光材料、安全性は常に隠れた危険です。ロレックスは最終的に1963年に断念し、トリチウムに切り替えました。ストロンチウム放射性元素であるが、その放射能が弱くそしてその半減期が短いことが好ましい。
1966年に、潜水艦Ref.5513はすでに発光材料でした。 6時にはSwiss-T <25という言葉があり、T <25は発光物質中のキセノン放射が25ミリキュリー(Millicurie)未満であることを意味します。
ゴキブリの半減期はわずか12年なので、何十年も経っても、その寿命は短くなっています。しかし興味深いのは、何年ものバプテスマの後にタイムスタンプが次第に黄色になっているということです。

ルミノバ
ロレックスは、その耐久性で知られていますが、その平均寿命は時計自体ほど良くはありませんロレックスは常により良い代替材料を探しています。

1998年に、ロレックスはNemoto and Co.によって供給されたLuminova発光材料を使用し始め、その後Super Luminovaにアップグレードしました。その主成分はアルミン酸ストロンチウム(SrAl 2 O 4)です。それは数時間照明することができ、より長い寿命を有するフォトルミネッセンス材料である。


クロマライト

現在の新しい潜水艦、発光コーティングはChromalightです。

この新しい素材は、2008年にSuper Luminovaに代わって、Deepseaディープダイビングに初めて登場しました。 Luminovaの緑色の光とは異なり、Chromalightは暗闇の中で青く、より耐久性があります。


この時点で、私たちが暗闇の中にいるときはいつでも、私たちはこの魅力的な青を理解することができます。

私はよく「偶然」のせいでたくさんの時計を買うと言っています

私はよく「偶然」のせいでたくさんの時計を買うと言っています。腕時計を買うのは何度もするので、それは完全に「触れる」ことと「運」することによって行われています正しい時間に、私は正しい価格のテーブルに遭遇しました。このディトンガは私に愛を与え、現在の市場よりも低い価格で私に譲渡された友人でした。 116500の "尋ねることはできません"テーブルでは、私は本当にラッキーだとしか言えません。

 

ロレックスデイトナ116500

       私は完全に仏教徒のシステムであり、あらゆる種類の時計に対して、拒否しない、要求がない、うるさい食べ物がない、商品を追いかけていないという理由で、私は「標準的な」時計ファンではないと感じることがあります。しかし今回私がこのDaytona 116500に出会ったとき、私はこの時計が勝たれなければならないことを知っていました、しかし時計に精通している人は誰でも時計の世界で116500の位置を知っています。

ロレックスの王中王。

       私はロレックスに魅了されていましたが(現在は仏教に変更されています)、問題について考えましたロレックスのホットリストの中で、誰がロレックスのホットリストにいるのですか?結局、デイトナはロレックスの王だと思います。

 

ロレックスデイトナ116500

       一部の人々は、ロレックスのDATE DATEに、それはロレックスの主力シリーズ、すべての貴金属、多くの有名人や指導者たちが身に着けていると言うだろう、なぜDi Tongnaは王です。デイトナはいくつかの理由でロレックスの王になることができます。

       1.ロレックスのオークション記録から、世界で最も貴重なロレックス、そして現在世界で最も価値の高い時計は、ロレックスデイトナです。 2017年10月26日に、ロレックスデイトンはポールニューマン6239(ポールニューマン自身の "ポールニューマン")を取り、それはそれを世界で最も高価な時計にして、およそ17,725,500ドルで売られました。
Paul Newman自身のPaul Newman、Paul Newtonは現在世界で最も価値のある時計で、1億1,784万ドルの価値がある。

       現在のロレックス市場から、ディトンはロレックスの最も高価な時計です。近年、市場は常に上昇しており、スチールシェル116500の公定価格は95,000、実際の価格は15万に達しています。レインボーサークルジンディ、75万の公衆価格は、実際の価格は150万人以上に達することができます。これは他の時計に匹敵するものではありません。

ロレックス新しいレインボーデイトナ、実際の価格は150万人以上に達しました。

       したがって、骨董品と販売ロレックスの観点から、デイトナはロレックスの中で最も貴重な時計です。ロレックスディトナの爆発はまた非常に限られた供給、認識と人気のあるスポーツウォッチの現在の傾向に関連しています。現在、ロレックスのセラミックスチール製シェルDi Tonga 116500は、在庫切れの商品であるか、他の時計を束ねています(DDなど)。 Daytona 116500を手に入れるための時間的コストと経済的コストは非常に高いです。物事はまれです、それは市場の法則です。

 

ロレックスデイトナ116500

       デイトナ116500が国内流通市場で入手可能であるため、116500の前に「要求を満たすことができない」プラスの引用符が、実際の価格は非常に高価です。例えば、私の116500は海外でそれを見に来た友人ですが、当時は公の値段で売られていましたが(公定価格95,000)、中国に着いてからオオカミは肉が少ないので値段を上げる必要があります。現時点では、国内の流通市場のスポットDitongは15万に達するために未使用の116500を取る、中古品も13万、140万にある、白麺の価格は黒側よりも少し高いです。したがって、お金がある限り、Ditongを買うのは難しくありません。 Ditongを買うために1000万ドルを費やすことに関しては、あなたがそれを好むかどうか(そして投資したくないかどうか)によるが、それは価値がない、あなたがそれを好まないかどうかは問題ではない。私にとっては、値。

パテックフィリップ時計活気に満ちたデザインスタイルに

美度ナビゲーターシリーズの腕時計は、親和の価格で様々な実用的な機能を導入し、人気の潜水腕時計です。インスピレーションはジブラルタル海峡のオロバ角灯台に由来し、アメリカ度のナビゲーターシリーズは1944年に誕生してから、安全と信頼を特性として、ブランドの純正なスイスの製表技術を融合させ、信頼性のある腕間体験をもたらす。今年は、美度がナビゲーターシリーズに新たな2つの新作を増やし、スポーツとファッションを結びつけ、鮮やかな個性を体現している。その中の1枚の腕時計は、パテックフィリップ時計活気に満ちたデザインスタイルに、質感のある緑色の表盤と特殊工芸処理の表帯を加え、目を一新させて見てみました。


2016年には、アメリカ度は、リーダーという長い歴史を持つ腕時計シリーズを再設計し、針、時計、表殻、表殻、表板、表札、そして機軸を全部調整して、よりモダンなスタイルにさせた、今のナビゲーターシリーズの腕時計は、ファッションセンスが強く、機能は実用的で、体検査に優れていて、本格的なダイビング腕時計である。この新しい表は、初めて緑を主調としてナビゲーターシリーズに入り、全く異なる海辺の風情を体現している。


腕時計のカバーはPVDメッキのステンレス鋼の材質で、表面には磨砂技術で処理され、豪華な余程も運動表の耐久視感を失わない。表殻の直径は42.5ミリで、主流の時計のサイズに合わせて、軽く身につけても大気の風格がある。緑色の表盤の上で、時の標と刻度内に夜光を塗り、暗い環境で読む時。


長続きした高防水運動型腕時計として、その殻の形にも風格がある。表殻はスイスの製表の伝統の美学を保持し、曲線は自然で、弧は滑らかで、それぞれの部分はすべて完璧に接続して、同時に細部によってまた異なっていて、円潤の中に鮮明な角があり、超高い顔値を表現します。


これまで、米度ナビゲーターシリーズの腕時計は防水性として知られていますが、その1つは1方向の回転表圏を持っていて、最も早く専門の潜水表の中に設計されて、潜水員の水の下で時間を計算することができます。表金全体のスタイルに合わせて、このテーブルのアルミニウムの表の輪は同様に緑を色調にして、表輪の外縁設計に凹溝があって、操作に便利で、表の12時位置の装置の1粒の“夜の明珠”、内に夜光を埋めて層を塗ります。


高い防水は腕時計の主な特徴で、この腕時計は防水200メートルで、表殻の上のいくつかの主要な防水圏で実現し、オメガ時計その中で重要な一環が表冠である。表冠は内に防水圏を含んでいるほか、旋入式で締固と防水を確保する必要があり、その上に表殻の上に表冠の保護を加え、表冠の意外な衝突を減らすためにその密封性能に影響する。


表殻の細部はとても精緻で、色沢もとてもきれいです。
表耳の曲線は角と角を合わせて、運動表がある豪放も紳士表の上品さもある。
言う価値があるのは、この腕時計の中では特にPatni拭色工芸処理真皮のベルトを使用しています。表帯は1枚のPVDがバラの金のステンレスの針式のボタンをめっきして、安全でしっかりします。

有名ブランドの腕時計など真正品ブランドなら安心してお任せ

「腕時計といえばロレックス」というほどの知名度とそのステイタスで圧倒的な人気を誇るのがロレックスです。1908年ハンス・ウィルスドルフがどの国でも発音しやすく文字盤にデザインしやすいブランド名として"ROLEX"をスイスのラ・ショード・フォンに商標登録をしました。当時は携帯する時計は懐中時計でしたが、ハンス・ウィルスドルフは腕時計に着目し高品質で実用的な時計の生産に力を注ぎました。1926年には世界初の本格防水オイスター・ケースのパテントを取得し、1931年に自動巻き腕時計の先駆けとなる「パーペチュアル機構」を開発しました。現在もロレックスは創業以来、常に「実用」を重視した生産を展開し続けています。 http://www.jjcopy.com